これっていつ使うの?【「複製で」保存】

Illustratorのデータを保存するとき、
「PDF形式で保存したい」という方も多いはず。

イラレのソフトを持っていない相手に、メールでデータを送ったり、
スマホでさっと確認したいとき、PDFだと便利ですよね。

形式を変更したいときによく使われるのが【「別名で」保存】

でも「別名で保存」をしてしまうと、
開いていたドキュメントも形式変更されてしまうため、
ちょっと厄介なんですよね…

そんな時に試してほしいのが、
「複製で」保存。

これなら作業中のデータの形式はそのままで、
コピーファイルとして別形式のデータを保存できます。

データを事前に複製したり、
新しく作る手間が省けるのでとても便利!

 

【「複製で」保存】をうまく使って
作業効率をアップさせましょう!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA